滋賀県東近江市立御園小学校 
7月子どもの様子

2年生校外学習・・・・電車の乗り方・醒ヶ井養鱒場10月21日(木)

 2年生の生活科に「もっとまちをしりたいね」という単元があります。この単元では,バスや電車の乗り方を学んだり,駅の点字やエレベータなど,住みやすくするための工夫を発見したりします。そこで,電車を使って,「能登川駅」から「米原駅」へ行きました。また,生きものを育てる人やその工夫を知るために,「醒ヶ井養鱒場」にも行きました。
 日程  
 往路: 学校─(貸し切りバス)─能登川駅(自分で切符を買う)──(JR)─── 米原─ (貸し切りバス)── 醒ヶ井養鱒場
 
 ○能登川駅・米原駅で駅員さんに切符の買い方や駅の工夫についてのお話を聞きました。また,米原駅では,駅の見学もしました。
 ○養鱒場ではお昼ごはんを食べて,探検したり,飼育員さんから魚のことのお話を聞いたりしました。


能登川駅



自分で切符を買います

電車の中

米原駅

楽しい昼食

図書館夢プロジェクト・・杉山亮さんの物語ライブ 10月20日(水)
 御園小学校は市の読書活動推進校の指定を受けています。八日市図書館のご尽力により,図書館夢プロジェクトの一環として,児童作家・杉山亮さんの物語ライブを開くことができました。手振り身振りを交えていろいろなお話をされ,子どもたちも大変おもしろく,興味深く聞くことができました。
 杉山さんの物語ライブの概要
お話@・・・2月11日,おなかをすかした羊にバレンタインデーでもらったチョコレートあげた。その晩遅く,一人の太った女の人が訪ねてきた。一晩泊めてほしいと言う。杉山さんは困ったが,追い返すこともできなくて,二階の部屋に泊めてあげた。その女の人は「お金がないのでお礼にセーターを編む」と言った。そして「私のいる部屋を決してのぞかないで」と言う。次の朝セーターをもらった。知人に持って行くと5万円で売れた。・・・・・・・。このお話はまだまだ続きますが,鶴の恩返しの羊バージョンでした。
お話A・・・・・言葉遊び・・・「滑って転んで大分県」等の県名の言葉遊びをしました。お金をもらって徳島県。名字が先でも長崎県。あいつにゃとっても神奈川県,涼しい風が福井県,教え上手な高知県など。6年生はかなり答えることができた。
お話B・・・・かけ算クイズ・・・肉屋の兄さんは何歳,おばあさんの顔のしわは何本など。

お話C・・・人々の頭にはちょんまげ,腰には刀をさしている時のお話。おろか村の15人が京都見物に行きました。夕方,泊まるために宿屋へ行った。ところが2階へどうやって行けばいいのか分からない。村一番の知恵者の坊さんに尋ねる。坊さんはとんでもない方法を教える。・・・最後は三条大橋が水面からどのくらいの高さにあるかを測ろうとするが,みんな川に落ちてしまう。
お話D・・・おろか村のあるおじいさんが「疲れ目」になって,お医者さんに行く。薬をもらうが,「めじりに塗る」の「めじり」がどこか分からない。村一番の知恵者の坊さんに聞く。「め」というのは女のことだ。だから「めじり」というのは「女の尻」のことだと教える。・・・・
お話E・・・まねっこ(杉山さんが少しずつ繰り返し言われる言葉を,みんなが覚える)・・・「これはわらぶき屋根の家に住んでいるおじいさんが飼っている牛がした糞にたかっているハエを飲み込んだカエルをふんづけた馬のしっぽで作ったはたきで掃除をしているおばあさんが住んでいるわらぶき屋根の家」 
お話F・・・貧乏神神社ではお賽銭が上がらないので,毎年宝くじが発売される。その宝くじは普通のとは逆の宝くじで,当たれば100万円を神社へ納めなければならない。外れるとその場で1万円がもらえる。100人の氏子がくじを引く。私も氏子になったので,くじを引く。・・・・・・・・





子どもの感想
 @私が一番心に残った話は,羊の恩返しです。私はこの話は,本当の話か作り話かすごく迷いました。でも途中からさすがに,この話は本当じゃないと思いました。羊にチョコレートが食べられるんだと思いました。それと5万円のセーターを編んでもらい,それが10日間も続いたらすごくお金持ちになるので,本当にこういうことがあったらいいなあと思いました。次に心に残っているのは,おろか村の話です。おろか村という話は,分からないことはお坊さんに聞くという話です。私が一番おもしろかった場面は,橋の高さを測るために,人が橋からぶら下がって,手が滑るのでつばをつけようとしたところ,全員が下に落ちたところです。・・・。杉山さんの話を聞いて,こんなおもしろい話を作ったりできるので,すごいなあと思いました。
 A今日,杉山亮さんのお話を聞いて一番心に残った話は,「伊勢・おろか村」の話です。特にその中でおもしろかったのは,おばあさんのおしりに目じりに塗る薬を塗ったところです。「これはわらぶき屋根の・・・」のお話では,全部覚えるのが大変でした。杉山さんの話は,あきがこない話でとっても楽しかったです。また聞きたいと思います。今日は本当に楽しい日でした。


1年校外学習 10月14日(木)・・・栗東自然観察の森
 1年生は10月14日(木)に校外学習で栗東自然観察の森へ行きました。今週は天気の良い日が続き,当日も少し暑いぐらいのすばらしい校外学習日和でした。
 子ども達は午前中はグループでネイチャークイズを解きながら森の中を散策しました。葉っぱをさわったり,植物のにおいをかいだり,耳を澄ませて自然のささやきを聞いてみたりと,五感を通して秋を感じました。午後からはクラフトづくり。木で作られたパーツを組み合わせてキーホルダーを作りました。


初めの説明

分かったことのメモ

森の中の散策

森の中の散策

楽しいお弁当

楽しいお弁当

楽しいお弁当

クラフトづくり

クラフトづくり

クラフトづくり

クラフトの完成

クラフトの完成

1年と6年の交流・・・芋掘り 10月13日(水)
 10月13日(水),1年生と6年生が一緒にサツマイモの茎取りとイモ掘りを行いました。このサツマイモは5月12日に1年と6年が植えたもので,猛暑を越えて大きく育ちました。6年生に助けてもらい1年生も大きな芋を掘り起こすことができ,歓声があがりました。自然の恵みに改めて感動した1時間でした。このサツマイモの茎は給食の食材として使用します。また芋は6年生が焼き芋にして,1年生と一緒に食べます。


茎の取り方の説明

茎をとっています。

たくさんとりました。

つるをはがします。

どんどん掘ります。

いも出てきたぞ。

どんどん掘ります。

掘り出した芋

こんなに掘ったよ。

こんなに大きな芋だよ。

6年と一緒にピース    

大きな芋とかわいい芋


 5年・田んぼのこ:脱穀作業 10月8日(金)
 9月29日に稲刈りをして,はさ(稲架)にかけておいた稲もよく乾き,10月8日に脱穀作業をしました。ボランティアの方に昔の足踏式回転脱穀機を準備していただき,昔ながらの脱穀を5年生全員が体験しました。もちろんコンバインでも脱穀をしました。稲がよく乾燥していたのでもみ(籾)すりもその日の内にでき,玄米にして学校に保管しました。収穫量は160sほどありました。
 この後,5年生ではこの米を使っておにぎりをつくり,お世話になったボランティアの方を招き,「感謝の会」をして,この事業を終わります。


初めの説明

昔の脱穀体験

昔の脱穀体験

昔の脱穀体験

もみすりの説明

収穫されたお米

6年校外学習 10月5日(火)・・・・琵琶湖博物館
 3年生は10月5日(火)に校外学習で琵琶湖博物館に行きました。琵琶湖博物館では,琵琶湖の歴史や琵琶湖周辺で発掘された化石や象の骨組み,琵琶湖の漁業の様子とその移り変わり,琵琶湖に住む魚,昭和の初め頃から今に至るまでの生活史など,いろいろなことについて学習しました。芝生ランドで昼食を取った後も,見学しました。天候にも恵まれ,子ども達には大変勉強になった一日でした。


 入館前の注意

あけぼの像の前で





ワニの骨

微細な物の探求

江戸時代から活躍した丸子船

昔の家の中で

楽しい昼食

楽しい昼食

校外学習ノートに記入



行列ができるザリガニ体験


BACK