滋賀県東近江市立御園小学校 
7月子どもの様子

マラソン大会 11月26日(金) 
  日差しはそこそこありましたが,少し冷たい風が吹く中,今年のマラソン大会を実施しました。(昨年は新型インフルエンザのために中止しました。) たくさんのお家の方が応援に来てくださり、子ども達も自分の記録向上を目指して頑張りました。距離は低学年が1q,中学年が2q,高学年が3qでした高学年は体力もあり,びっくりするほどのスピードで走っていましたが,低学年はまだ体力が十分ついていないのか,長い距離を走るのは大変なようでした。運動場や道ばたで声援くださった皆様,大変有り難うございました。
  すべてのスポーツの基礎は走ることから始まります。体力作り,健康作りのためにも,ランニングは大変良い運動です。親子でランニングなどが継続できるといいですね。

マラソン大会のねらい
@自分のめあてに向かって、最後まで一生懸命努力する心を養う。
A長い距離を同じペースで走ることによって持久力を育てる。
B日頃の体育の授業や体力くづくりの取り組みの成果を発表する。


6年男子

6年男子

6年女子

6年女子

5年男子

5年男子

5年女子

5年女子

4年男子

4年男子

4年女子

4年女子

3年男子

3年男子

3年女子

3年女子

2年男子スタート

2年男子

2年女子

2年女子

1年男子

1年男子

1年女子

1年女子


幼稚園との交流:1年11月18日(木)
  1年生は11月18日(木)に寺幼稚園・野幼稚園・つつじ保育園の園児を小学校に招待し、「秋のフェスティバル」を開きました。入学して8ヶ月がたち、体も大きくなり、精神的にもすっかりたくましくなった1年生。園児達にお兄さん、お姉さんらしく、いろいろなことを教えたり、発表したりしました。
 
いっしょにつくろうコーナー
    めだる,かんむり,どんぐりごま、どんぐりにんぎょう、アクセサリー、おりがみ
 
○いっしょにあそぼうコーナー
    ぼうりんぐ、まとあて,どんぐりなげ、わなげ,どんぐりめいろ、めくってあてよう
 
○あきのコンサート
   
ピアニカとどんぐりマラカス


初めのあいさつ






PTA親子研修会:
笛演奏家 坂井孝之さん 11月6日(土)
 
御園小学校では11月6日(土),滋賀教育の日の取り組みとして,半日授業参観とPTA親子研修会を行いました。土曜日ということもあり授業参観には,お父さんもたくさん来られていました。
 PTA親子研修会では坂井孝之さんに笛の演奏とお話をしていただきました。19種類の笛で,子供向け,大人向けのいろいろな曲を演奏され,こども達は一緒に歌ったり手をたたいたりして,楽しい時間を過ごしました。また,いろいろな笛の紹介や目の見えない方に対する援助の仕方,夢を持ち続けてそれに向かってがんばることの大切さをお話ししていただきました。
 ○演奏された曲は「もののけ姫」,「ドラゴンクエスト序曲のマーチ」,「津軽海峡冬景色」,「エーデルワイズ」,「山の音楽家」,「ゲゲゲの鬼太郎」,「ぞうさん」,「小鳥の歌」,「ミッキーマウスマーチ」,「琵琶湖周航歌」,「さんぽ」,「ビリーブ」,「古時計」などでした。
 ○いろいろな笛・・・バナナの形をしたバナリーナ,魚の形をしたトトリーナ,たこ焼きの形をしたタコヤキーナ,ハンバーガーの形をしたサウンドバーガー,ネギの形をしたネギリーナなど。


授業参観の様子

授業参観の様子






手拍子をする子供達

ジャンケンの方法

目の見えない人の誘導の方法

花束を渡す児童代表

お礼に校歌を歌いました。

いろいろな笛

ハンバーガーの形をした笛

 
4年校外学習:大津市科学館と水環境科学館
 4年生は11月4日(木)、大津市科学館と県立水環境科学館に行きました。この校外学習の目的は下記の通りです。
  @プラネタリウムで星や月のことを学習しよう。
  A琵琶湖の水や川の水の様子を知ろう。
 大津市科学館ではプラネタリウムで夏、秋、冬の星座の学習をしました。また,いろいろな科学体験をしました。県立水環境科学館では、「水と私たちの生活」というテーマのもと、びわこ湖の水の循環について学びました。琵琶湖の水は地域をめぐりながら海へ出て、またびわ湖へもどってきます。びわ湖の水を守ることは自分たちの暮らしを守ることにつながるということが分かりました。さらに下水道の役割についても考えました。
  





いろいろな惑星での体重

秋の星座:アンドロメダ座と秋の四辺形

夏の星座:赤線は夏の大三角





花の塔(陶花による可動式噴水)


下水道の普及率

 5年校外学習:本田技研鈴鹿製作所と鈴鹿サーキット11月2日(火)
 5年生は11月2日(火),校外学習で本田技研鈴鹿製作所に行きました。これは社会科の「工業の発達と私たちのくらし」の学習を深める目的で,次のことを学習しました。
 @生産の仕組みや関連工場との関係
 A外国とのつながり
 B安全や環境に配慮した設備や製品
 C工業生産に従事している人々の工夫や努力
昼からは鈴鹿サーキットで,班ごとに楽しいひとときを過ごしました。


 本田技研鈴鹿製作所外観

4800トンの圧力をかけるプレス機械

自動車の組み立てライン

自動車の組み立てライン

5年1組

5年2組

5年3組

サーキット会場でお弁当







BACK