滋賀県東近江市立御園小学校

4月子どもの様子


夏休みの水泳
  夏休みがスタートしました。本校ではPTAが中心になって自由水泳に取り組んでいます。期間は短いのですが、子供達は楽しく水泳・水遊びをしています。また、学童保育も小学校のプールを使って水泳・水遊びの時間を設定しています。下の写真は7月22日の様子。少し涼しかったのか、参加者は少なめ目でした。




1学期終業式7月16日(土) 
  御園小学校はこの夏に耐震補強・大規模改修が行われます。工事期間や職員室の移動日の確保のため、7月16日(土)に終業式を行いました。校長は終業式の話として、テレビの宣伝でよく使われるビフォアーとアフターという言葉をもとに、4月の姿と7月の姿がどのくらい変わったのを子供達に尋ねました。各教科の学習や校外学習、6月の運動会などで、子供達は大きく成長しましたが、その変化を子供達自身に自覚してほしいという願いからです。また、校舎の半分が新しくなるので、楽しみを持って9月に登校してほしいことを話しました。
  生徒指導の圓城教諭は夏休みの生活面の注意しました。特に「だれと、どこへ、何をしに、いつ帰る」を家の人に連絡することの徹底を呼びかけました。また養護の村井教諭は熱中症の予防についての注意をしました。
 子供たちが9月1日に元気に登校してくれることを願っています。


ビフォア―とアフターの話をする校長

まじめに話を聞く子供達

生活面の注意をする圓城教諭

健康面の注意をする村井教諭

七夕
  御園小学校では7月7日の七夕にあわせて、6月下旬から笹飾りを玄関、わかあゆ学級前、図書室前、6年教室横の4か所に置きました。休み時間に子供達は、短冊に自由に自分の願いをかいて笹につりました。「かんじがおぼえられますように」、「友達みんなといつまでも仲良くできますように」、「すいえいがうまくなりますように」、「家族みんなが元気でいられますように」などと、ほほえましい願いごとがたくさんありました。また、時代を反映してか、「お金がほしい」、「新しい3DSのゲームがほしい」などの願い事もありました。 

  七夕は年に一度、おり姫星とひこ星が天の川をわたって会うことが許された特別な日とされています。
◇おり姫星:織女星、西洋風には、こと座のベガ
◇ひこ星:牽牛星、西洋風には、わし座のアルタイル

図書館前の七夕

わかあゆ学級前の七夕

玄関前の七夕

おり姫星はとこと座のベガ、ひこ星はわし座のアルタイルです。デネブは、七夕伝説で特別な役割を持っているわけではありませんがこの3つの星は、星々の中でもとくに明るい「1等星」で、3つをつないだ三角形は夏の大三角形と呼ばれています。


4年:五智浄水場(八日市浄水場)の見学 ・・・7月1日(金)

  4年の社会科には「健康なくらしをささえる」という単元があり、子どもたちは、「ゴミの処理と活用」、「命とくらしをささえる水」について学習します。とくに、自分たちの地域ではどのようになっているのかを学ぶため日野清掃センター・クリ-ンわたむきと、東近江市の五智浄水場に行きました。五智浄水場は浅井戸が1本と1500mの深井戸が6本掘られていて、1日に7000㎥の水をくみ上げています。小学校のプール(300㎥)の約24個分です。水は大変きれいで、塩素だけの消毒をし、八日市地区に水を供給しています。




浅井戸の上で説明を聞いています。




地下150mの深井戸


BACK